TOP > スタッフブログ > 学芸

最新の記事

スタッフブログ

みなさん、サインバイノー!こんにちは!

3月10日(土)より、2018春特別展「モンゴル遊牧民の世界」 がスタートしました。
遊牧のくらしの知恵について、モンゴル文化の魅力について、
当館所蔵資料とあらたに収集した約60点を加えて一挙公開しています!

そして今日は、連動企画として、実祭に現地から輸入したミニサイズのゲルを立てる
ワークショップを行いました♪


まずジャバラの壁から組み立てます


ロープで壁同士を結び付けます


屋根棒を挿していきます


カバーを被せて完成です


さっそく入ってみましょう


完成したミニゲルの前で♪

学芸員と一緒にミニゲル立てに挑戦したあとは、モンゴルのゲーム「シャガイ」で遊んだり、モンゴルの伝統衣装の試着をしてもらい、ミニゲルの前での記念撮影をおこないました♪

どなたも楽しんで体験して下さいました☆☆☆
参加者の皆さん、ありがとうございました!


シャガイはモンゴルならではの玩具


気分は遊牧民♪


家族で民族衣装♪

第2回は5月13日(日)です!
定員にはまだ若干の余裕がありますが、事前予約制のためお早めにご連絡ください☆

ぜひこの機会にモンゴル文化を体験してみてくださいね!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐ワークショップ「ミニゲルを立ててみよう」‐‐‐‐‐‐‐‐‐
日時:5月13日(日)、6月17日(日)
 〈午前の部〉10:30~11:30(60分)
 〈午後の部〉14:00~15:00(60分)
料金:500円
※くわしくはこちらをご覧ください。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

また、もうひとつの連動企画「ヒツジの毛でマスコットを作ろう!」も合わせて募集中です♪
※くわしくはこちらをご覧ください。


 
特別展会場では、「ゲル」のほかにも美しい民族衣装や貴重な生活用具など
盛りだくさんでお届けしています。ぜひ足をお運び下さい。
皆様のご来場をお待ちしております♪

****************************
特別展「モンゴル遊牧民の世界~草原を旅する民」
期間:2018年3月10日(土)~7月1日(日)
会場:本館1階 特別展会場
時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)
料金:一般¥300、シルバー(65歳以上)¥200、学生・幼児は無料(要証明書等)
****************************


みなさん、アンニョンハセヨ!
ただいま韓国は冬季五輪とお正月(旧正月)で盛り上がっていますね。
リトルワールドの韓国エリアでも、村の神像チャンスンのリニューアルが無事に完了しましたよ!

チャンスンは、災いや病気などが村に入ってこないように、魔除けとして村の入口や境界に建てられます。
これまでリトルワールドに建っていたチャンスンは長年風雨にさらされて劣化してしまい、1体を残すのみという寂しい状態でした。


ビフォー

今回は、約15年ぶりのリニューアルとなりました!
そして折角の機会ということで、2月9日~11日にかけて、韓国よりお招きした伝統彫刻家の文景泰さんによるチャンスンの公開制作を行いました。
韓国農家前に特設テントを設置して、文さんに一日に1体のペースで制作していただきました。
期間中は、多くのお客様が立ち寄って下さいました♪


彫刻家の文さん


見学の皆さん

まず、木に大まかにアタリ線をつけてから、チェーンソーで粗く削っていきます。
細かい部分はそれぞれに合った彫刻用具に持ち替えて彫刻します。
さすがの手さばきです!ザ・プロフェッショナルです!
仕上げに、墨で文字などを塗って完成です。


チェーンソーで荒削り


細かい部分の彫刻作業


墨を入れる様子

チャンスンは、「天下大将軍」と書かれた男性と、「地下女将軍」と書かれた女性の2体で1対とされます。
今回は、伝統的な様式の1対と、作家の創造性が表現される現代的な様式の1対を制作してもらいました。
優しい顔をしているのが、現代様式です。ぜひ近くで違いを見比べて下さい♪


アフター

チャンスンは、本来の守り神の役割に加えて、願い事を叶えてくれたりすることもあるのだとか!
文さんは、見に来てくれた方が幸せになりますように、との願いをこめて制作して下さいました。
きっとご利益があるはずです☆☆☆
リトルワールドの新パワースポットになりそうですね!

みなさん、ぜひ新しいチャンスンを見に来て下さい!!!


みなさん、こんにちは!
29日、30日と、『ウインターワークショップ』を開催しました♪

午前中は、「世界の飛び道具であそぼう!
まず世界の飛び道具について学芸員の説明を聞いてもらい、本物のブーメランを触ってもらいました。

実際に動物をしとめるために使っているブーメランは、大きさや重さも存在感タップリです…!

飛び道具の役割について詳しくなったところで、さっそく工作タイムです♪
今回は、『ブーメラン』と『吹き矢』の2種類を作りました。

説明書を見つつ、うまく戻ってくるように調節しながらつくっていきます。
思い思いに模様や色を塗って…、
ハイ、完成~☆☆☆上手に出来ましたね!

まずは、吹き矢を試してみましょう。
部屋に設置された的に向かって、息を吹き込みます!
うまく飛ばせたかな???

次は外に出てブーメランを飛ばしました!
ちょっとしたコツをつかめば、すい~っと回転して戻ってきますよ!

参加者の皆さんお疲れ様でした!!!

そして午後からは、「おきあがりこぼしをつくろう!」を開催しました。
工作の手順の説明を受けてから、自分の好きなデザインをイメージしてつくっていきます。
うす~いお花紙を、うまく貼り付けて胴体を作っていきます。


胴体ができたら、顔や耳などの部品を作って貼り付ければ完成です!
みなさん、こだわりの作品が仕上がりましたよ☆☆☆

みなさん、おきあがりこぼしのように最後までよく頑張りました!
新しい年の幸運もまちがいなしですね☆
みなさん、どうぞ良いお年を!!!

ウインターワークショップは、年明けの1/6(土)に第3回1/7(日)に第4回を予定しております♪
予約受付中ですので、気になる方はぜひぜひお申込下さい☆
くわしくは、こちらをご覧くださいね。お待ちしております♪


みなさん、こんにちは!
今年も残すところあとわずかですね。
リトルワールドの野外家屋では、お正月の飾り付け展示を行いました♪

まずは、「沖縄県 石垣島の家」。
 

玄関には、注連縄(しめなわ)飾りを取り付けて、床の間と仏壇にも飾り付けをしました。

次は、「台湾 農家」。
 


台湾では旧正月を盛大にお祝いしますが、せっかくなので日本のお正月に合わせて飾りつけしています。
『正庁』と呼ばれる中央奥の部屋の、祖先や道教の神々へのお供え物が豪華になっています☆☆☆

そして、「山形県 月山山麓の家」。
 

床の間には正月花と大きな鏡餅が登場!
もちろん、神棚や仏壇にもお供え物を忘れずに。
山形の家の前には、立派な門松もありますよ!

この時期限定の展示、リトルワールドのお正月風景をぜひ見に来て下さいね♪


みなさん、こんにちは。
今年も残すところわずかですね。でも一年で最もウキウキ♪する時期かもしれませんね。   
リトルワールドの野外家屋でも毎年恒例のクリスマス展示がはじまっていますよ☆
今年も、博物館実習生とともに飾り付けを行いました。

★ペルー 大農園領主の家 ナシミエント
中庭(パティオ)にむかう通路の左側の部屋に、クリスマスの人形飾り「ナシミエント」。

中心におかれた「馬小屋」では、幼子イエスの生誕のシーンを、聖母マリア、東方の三博士人形と共に再現しています。
その馬小屋まわりには、人びとや、家畜や、動物の人形が、それぞれの表情もゆたかに
配置されています。ぜひじっくりとご覧くださいね。


 
★ドイツ バイエルン州の村 クリスマスツリー
ガストホフバイエルン2階・メルヘンバルト2階

クリスマスといえば、クリスマスツリー☆そして、クリスマスツリーの本場といえば、ドイツ!ガストホフバイエルン(レストランがある建物)の2階ダイニングに1本、メルヘンバルト(お土産屋がある建物)の2階、玩具展示室の一角に1本を展示しました!
どちらも、ドイツ製のツリーに、ドイツ製の飾りをあしらっています。
それぞれ飾りのテイストが違うので、ぜひチェックしてみてくださいね♪