TOP > スタッフブログ

最新の記事

スタッフブログ

みなさん、ブエノスタルデス!
11月も後半に入り、クリスマスまで約1ヶ月となりましたね。
本日より「ペルー 大農園領主の家」にて、クリスマス飾り「ナシミエント」展示を始めました!

例年この時期に、博物館実習生とともに展示作業を行っています。
今年は、愛知県立大学と中部大学の学生さんたちが素敵に飾り付けてくれました!

「ナシミエント」とは『誕生』を意味する言葉で、その名の通りイエス・キリストの生誕を人形で再現する飾りを指します。
中央の馬小屋には聖母マリア、幼子イエス、東方の三賢人が、まわりの村人や家畜たちもこぞってキリストの生誕を祝福しています。

この飾りつけは、カトリック文化圏に共通して見られる習慣です。
(呼び方や飾りには地域によってさまざまなバリエーションがあります。)
ペルーでも、家庭や教会、学校、商店などさまざまな場所でナシミエントを飾り、クリスマスを祝います。
ナシミエントは、現地ペルーの習慣に合わせて1月中旬まで展示する予定です。

また、同じくドイツ家屋(ガストホフバイエルン2階、メルヘンバルト2階)でも、恒例のクリスマスツリーを展示しています。
こちらも学生さんたちが展示をしてくれました☆☆☆
それぞれ雰囲気の異なる飾りつけをしていますので、両方を見比べてみてくださいね。
クリスマスの雰囲気を味わいに、ぜひぜひお立ち寄りください!


みなさん、グーテンターク!
日中は暑い夏が続いていますが、夏をまだまだ楽しんでいますか?
当館でも夏を満喫できるイベントを開催しています!
リトルワールドの夏といえば夜のナイター営業☆

でも今年のナイター営業「ワールドナイトフェス」はいつもとちょっと違います。
今回は18時以降に初めて山形タイ、トルコ、インド、アフリカのエリアを開放し、
各所に様々なイルミネーションを施しています♪

そしていろんな所でイベントを開催中です。
山形では風鈴にペイントする「風鈴作り」
タイではライト入りの風船を使った「ランタン飛ばし」


インドでは花で飾った灯篭を流す「灯篭流し」などなど、
たくさん開催しています。


そしてヨーロッパの特設ステージでは18時30分から「エチオピアンサマー」
20時から「エチオピアンファイヤー」と、本当に盛りだくさん!

限定のグルメやドリンクを片手に楽しめます。
「ワールドナイトフェス」は25日、31日の残り2日となりましたが、
まだまだリトルワールドの夏の夜をお楽しみくださいね♪


みなさん、ブエナスタルデス!
なかなか梅雨が明けませんが、リトルワールドでは雨の日でも楽しめるイベント「わくわく!探検ミュージアム」を開催中です☆

7/14から始まった「わくわく!探検ミュージアム」は、
懐中電灯を持って、まっくらになった展示室を探検します♪


学芸員から出される3つの写真が展示室のどこかにあります!
時間内に見つけ出すことができるでしょうか?

答え合わせタイムには学芸員からの解説もあり、小学生のお子さまでも楽しめるようになっていますよ!


さらに参加した方には探検カードも!
全部で10種類☆中にはレアカードも…


ちなみに出されるお題も1回目と2回目では違うので、両方に参加しても楽しめますよ♪

今後も7月28日(日)、8月11日(日・祝)~15日(木)に開催します!
夏休みの自由研究にもなるかも!?
ぜひお越しくださいね~!


みなさん、こんにちは!
今日から「世界の麺祭り」がスタートしました★


夏に食べたい13カ国16品の麺が大集合♪
麺を食べてスタンプを集める「イケ麺ラリー」もスタートしたのでぜひ集めてみてください!

そして今日は、そのスタートを記念して、「世界の麺流し」を開催しました。
山形 月山山麓の家の縁側から、ピンクのそうめんやうどん、パスタ、フォーを流しました☆
さくらんぼも乗ってとっても色鮮やか!


さらになんと二階からも流します!


勢い良く流れてくる麺をキャッチしてみてくださいね。
来週の20日(土)も開催しますので、ぜひお越しください☆


みなさん、モゲシン(こんにちは)!

野外展示場に建つ「ミクロネシア ヤップ島の家」は、
母屋をはじめとして、いくつかの小屋によって構成されています。
家屋のそばにある大きな石貨(石のお金)も見所の1つですが、
その向かいに建つ「舟小屋」も、ぜひご覧いただきたいところ。

というのも、先日「舟小屋」の屋根を新しく葺き替えたからです♪
博物館実習生の皆さんと共に、古くなった屋根材を取り外し、
一旦骨組みだけの状態にしたあと、新しい屋根材を葺いていきました。


ビフォー


骨組みだけの状態

じつは、今回の屋根材は、特殊な加工を施された人工材を使用しています。
これは近年、太平洋の島々でも一部導入されているもので、雨風による影響を受けにくく、
当館のように長期間展示される場合にふさわしいものです。
ヤップ島の雰囲気を保ちつつ、できるだけ良い状態を維持できるよう、
今回あらたに挑戦してみました。


アフター

なんということでしょう!
きれいに葺きかえられた屋根材が日の光を受けたさまが、とてもいい感じです!!!
梅雨の晴れ間、青空に映えるヤップ島の舟小屋に、ぜひお立ち寄り下さいね。